コラージュな日々 いろんなkokoroの              hari合わせnote

・・・ 東京 美術館をはしごする! ・・・

木曜日 この日はやっと晴れた!
7時半 会社に行く娘と共に相模大野をでる。
渋谷まで急行で50分ほど。
そこからまず東京駅で荷物を預けて六本木に向かう。

1番は六本木ヒルズにある 森美術館。
10時開館に行けたので お客さんはまだ多くなかった。

N・S・ハルシャ展  ~チャーミングな旅~ 
a0099474_20265352.jpg
ハルシャの作品をはじめて観た!
うわぁ~・・・これはすごい・・・
この展覧会そのものが とても大規模なもので驚いた。

繰り返し繰り返し描かれた人・人・人
パンフレットの表紙にもなっている 「ここに演説に来て」 という絵だけでも
2000人以上が描かれているという。 そのどれも個性豊かで一つとして同じものはない。
このような手法の絵が何枚もある。
それごとに表現されるメッセージが 強く熱く静かで穏やかで。
じっと立ち止ってしまう。

a0099474_20314494.jpg
これは193台の足踏みミシンに国際連合加盟国の国旗が置かれている。
おびただしいからまった糸でおおわれている。
床には国旗の切れ端が無造作に落ちている。
圧巻のインスタレーション。

a0099474_20312855.jpg
全長24メートルにおよぶ 一筆書きのような絵。  「ふたたび生まれ ふたたび死ぬ」
近くで見ると そこには無数の星々・・・惑星・・・その中に5センチほどの地球にだけ
彩色されていた。

a0099474_20271939.jpg
気持よさそうに眠るおじいさん
このような絵は 会場のあちらこちらの床にみられる。
おとなもこどもも 女性も男性も
床に 眠っている。
ハルシャは 「眠る」 ということ特別な意味を知っているようだった。

どこを見ても どの作品も 「見どころ」 で
1日中見ても観つくせない感じだ。 
いやぁ~ ・・・ ほんと。
今でももう一度観たいわぁ~ と思っている。
a0099474_20522645.jpg
東京タワーを見て
乃木坂まで歩く。

a0099474_21162800.jpg
国立新美術館  ミュシャ展 
a0099474_21160913.jpg
アールヌーヴォー様式のポスターで有名
というような知識しかなかったミュシャ。
この展覧会も大規模なものだった。
  超大作「スラブ抒情詩」
その想定外の大きさに びっくり!!
展示室の天井ギリギリから足元まで 壁1面がミュシャでおおわれている。
その作品が何枚も続く。  圧巻・・・
絵の中に こちらを凝視する瞳をみつける。
その視線に 絵で表現されたもの以上の何かを感じた。

あぁ・・・しかし人が多すぎる!!
平日だと言うのになぁ~ 東京の人って美術館すきなんだなぁ~(^_^;)

あまりゆっくりできないままタクシーに乗って
次に行きたかった根津美術館へ。

a0099474_21165447.jpg
国立新美術館とは打って変わって 洗練された和風のしっとりした美術館。
規模は小さいので 展示の量は少ない。静かに落ち着いて味わいたい。

けれど ここもまた人が多い・・・季節がよいからかなぁ。

a0099474_21171175.jpg
お庭がとても広い。 新緑がとてもきれい。
気持よく散策できたらよかったのだけれど
美術館3つ目で さすがにへとへと。

美術館を出て おしゃれな南青山通りを歩いて
表参道へ出る。
連日 ハードに歩き回っているからさすがにつかれたぁ~・・・
あぁ・・・どこかカフェで休憩したいなぁ~
3時すぎたかぁ~ もう帰ろうかなぁ~
などと考えながら神宮前まで歩いてしまった時
行きたかったところを はっ!と思いだしてしまった!!

ミナヘルホネン の新しいお店  Call 
a0099474_21175438.jpg
また南青山まで戻る。
スパイラルビル 5階
やったぁ~! 来たぁ~!

a0099474_21183252.jpg
なにはともあれ テラスにて 紅茶マフィンとアイスティー。
やれやれぇ~
一息ついたら復活しちゃって こころはワクワク!!
ミナのお店 見たかったのよね! 
  (なぁ~んて 忘れてて大阪帰るところだったくせに(^_^;))

このあとのちょっとした買い物は
また次回 ご報告 

(*^^)v






 




[PR]
by sense-taka | 2017-05-14 22:38 | おでかけ♪ | Comments(0)